« レザー・ペンケース・ポーチ | トップページ | 「童心に返る」 »

2016/07/09

「 主客転倒 」

. P7091290 . P7091293 .

レザークラフトをカジリ始めて五年が過ぎ、

今になって 『 革包丁 』 を買ってみる。

そして、 専用ケースを作る。

.

これって本来ならば、「はじめてのレザークラフト」で最初にする工程らしいのだ。

興味だけが先に立って、基本を全く勉強しようとしない。

「電気製品買って、取説読まずに即使う」

こんな事ばっかりやって来てしまった。

.

でも、

この『革包丁』が無くても何とかなってしまうのが、レザークラフトの気軽さだ。

ほとんどの物が日用品で代替え出来てしまう。

男性なら、中学の時に技術家庭で使った工具セットも有るはずだ。

女性なら、家庭科で使った手芸セットなどが。

見栄えを考えて、しいて揃えるならば「菱目打ち」位か?

この「菱目打ち」さえ購入すれば何とかなってしまう。

肝心の革だって、使い古した革製品が有れば、

それを解体してリサイクルだって出来る。

.

この『革包丁』に至っては、

家庭用のカッターナイフや、小学生の時に図画工作で使った彫刻刀、

更に家庭用のはさみで、十分に事足りてしまう。

しかし、

逆に言えば、これらの道具を一本で賄えるのが『革包丁』でもある。

知ったような事を書いているが、多分そうらしい。

昨夜、写真の革包丁ケースを作るのに使ってみたが、

やっぱり切れ味が違う。

一番に感じたのは、切り口にバリが少ない事だ。

作業効率や、作品の出来栄えを向上させるためにも、

この『革包丁』を、自在に操れるように鍛錬せねばならないだろう。

これからが、本当の意味でのレザークラフト職人へのスタートなのかもしれない。

.

|

« レザー・ペンケース・ポーチ | トップページ | 「童心に返る」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レザー・ペンケース・ポーチ | トップページ | 「童心に返る」 »