« E-PL6用レザージャケット | トップページ | 2015年・一年間お疲れさまでした。 »

2015/12/30

玄関灯 を DIY

.

「 晦日の風物詩 」 電球交換です。

何故かこの暮れの時期に成ると、どこかしらの電球が切れるんですよね。

今年も、もれなく玄関灯の球切れです。

良い機会ですので、玄関灯(本体)ごと交換してしまえ。

思い立ったらすぐにやらないと気が済まない性分です。

ネットで物色、アマゾンで 「 人感センサー付きの玄関灯 」 を発見!

早速注文し、本日到着しました。

暮れに成ると楽天なんかもお休みのお店が多い中、アマゾン本体は年中無休、

翌日配達。  

助かります。

.

Before

P1150627 . P1150631 . P1150639 .

この玄関灯のデザインも気に入っていたのですが、幾つかの難点が。

まず、普通のスイッチでの点消灯ですので、付け忘れ、消し忘れがある 。

非常に煩わしく、エコでは無い。

更に、最大の欠点は形状の問題です。

電球が上向きで本体の下部が陰に成ってしまい、真下に光が通らない。(>_<)

これって、足元を照らすための玄関灯の意味を成していませんよね。

.

これを解消すべく、リフォームです。

.

After

それで、さっそくこちらに交換です。

「 手作りフレームに罅焼きガラス 」

「 人感センサー 」 で、人が近づいたら点灯のみならず、

「 照度センサー 」 によるタイマー付き。

いろんな組み合わせが可能なのです。

当然ですが、今時のLEDライトです。

.

使用初めの設定は、

暗くなったら 小さい明りで点灯 (10%の明るさで6時間点灯)

人が近付いたら全灯(100%の明るさで2分間点灯)

明るく成ったら、完全に消灯

こんな設定で試してみようと思います。

P1150668 . P1150660 . P1150698 . P1150678 .                       この一つ目が、目を光らせています。

           何か、カッコ良いぞ!

P1150687 . 「罅焼きガラスと、手作りアルミフレームアンティーク仕上げ」

 玄関先のウッドトレリスと一体感が出ましたかね?

.

P1150692             点灯するとこんな感じです。

            温かみの有る柔らかい明かりです。

.

P1150701

夜間に人感センサーで感知すると全灯に、

結構明るいです。(^_^)b

ただ、この話には続きがあります。

この玄関灯にも予想できなかった難点があったのです。

私の感覚では在り得ないことなのですが、

取扱説明書をみて、

えっ!うそでしょ!

.

なんと、この電灯は電球交換が出来ないんです。!(…>_<…)

これで良いのか?

今回のことがあり、LEDについて検索してみました。

すると、下記アドレスの解説記事が。

.

http://www.glhome.lixil-jk.co.jp/blog/2013/12/led4.html

.

簡単に言うと、LED電球の寿命と電灯本体の寿命がほとんど一緒と言う事らしい。

それどころか、電球の寿命よりも機械の寿命の方が早いんだって。

でも、なかなか電気製品を10年サイクルで買い替える。

単純に、自宅の電灯本体の交換は10年に一度と言うのか?

有り得ませんよね。

でも、そんな時代に成ってい行くのでしょうか?

.

これって、日本人の変な感覚ではないのかと思うのです。

メーカーの都合なのでしょうが、価値感の違いですかね。

デザインの価値感、 好きなものは長く愛用したい。

これって、無視なのか?

手作りの良さ、値段では計れないお気に入りのも、使い続けて行きたいもの。

有りますよね!

.

.

ここで冒頭に話を戻しますが、

近い将来、晦日の風物詩であろう電球交換は無くなってしまうかもしれませんね。

.

先日やっとの思いで我が家も外壁塗り替えリフォームが出来ましたが、

これからは、

10年サイクルで、電灯機器の交換リフォームも有るのかもしれませんね!

.

改めて思います。

手作りの良さ。

手作りならではのぬくもり。

一生物のお気に入りの物。

メンテナンスリフォームしながら、使い続けて行きませんか?

|

« E-PL6用レザージャケット | トップページ | 2015年・一年間お疲れさまでした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« E-PL6用レザージャケット | トップページ | 2015年・一年間お疲れさまでした。 »